大学院生(創発RA)募集中!

JST創発的研究支援事業「予測的運動制御に関わる皮質-皮質下神経ネットワークの解明とその操作」(代表者:武井智彦) を一緒に推進してくれる大学院生 (創発RA) を募集します。

本研究室で行っている研究課題「予測的運動制御に関わる皮質-皮質下神経ネットワークの解明とその操作」(JST創発的研究支援事業)を一緒に推進してくれる大学院生(創発リサーチアシスタント、創発RA)を募集します。いわゆる給与付きの大学院でして、学位取得を目指しながら学振特別研究員DC相当の待遇を受けることができます。

概要: 本研究課題では大規模な身体変容に対する中枢神経系の適応メカニズムの解明を目指して双方向型ブレインマシンインターフェース(BMI)の構築大規模神経活動記録電気生理学および薬理学的手法による神経活動操法計算理論に基づくモデルシミュレーションなどを用いて、中枢神経適応メカニズムのハードウェアから理論までを包括的に明らかにすることを目的とします。これにより運動障害からの回復過程の理解、リハビリテーションへの応用、BMI技術利用による動物行動への影響の理解などにつながることが期待されます。

待遇: 学術振興会特別研究員DC相当(創発的研究支援事業RA支援制度を活用します。複数年の雇用が可能です。次年度以降、新たな募集があるか未定です。採用には審査が必要です。
求める人材: 身体運動、脳機能、BMIに興味のある方。生理学実験や生体信号解析の経験があることが望ましいですが、必須ではありません。
研究内容: 創発プロジェクトに関連する範囲で相談のうえで決めていくことになります。
資格・条件: 玉川大学の博士課程(または修士課程)に所属することが望ましいですが、他大学大学院に所属したまま研究指導委託等としての受け入れも可能です。試験日程など入試に関する情報は玉川大学HPをご覧ください。
締め切り: 順次相談を受け付けています。適任者が決まり次第締め切らせていただきます
問い合わせ先: 武井智彦 (玉川大学脳科学研究所) takei_at_lab.tamagawa.ac.jp (_at_を@におきかえてください)